プロフィール

山歩屋

Author:山歩屋
天気の良い山が好きです。
天気が悪い日の山は楽しくありません。
一人山へ行きたくなったときは、天気予報を見ます。
そして 行ったり、行かなかったり…

間ノ岳の頂上で、寒さに耐えながら御来光を待ちました。
待ち焦がれた瞬間です。
朝日が山を染め始めました。
流れる雲には私の影が映っています。
暖かそうな虹の輪が、私の影を包んでいました。

間ノ岳にて

[記事年代順]
17年7月 野反湖
17年5月 釈迦ヶ岳
17年3月 宝登山
17年2月 ハクバスキー
17年1月 蔵王スキー
16年12月 高宕山
16年11月 日向山
16年9月 飯盛山
16年7月 野反湖
16年7月 霧降隠れ三滝
16年6月 黒檜山
16年5月 足利フラワーパーク
16年4月 子持山
16年2月 苗場スキー
16年2月 志賀高原
16年1月 本社ヶ丸
15年11月 大平・晃石山
15年9月 日光白根山
15年8月 蝶々誕生
15年6月 あじさい屋敷
15年6月 柴又サイクリング
15年6月 丸山(秩父)
15年4月 三ツ岩岳
15年4月高尾山花見
15年4月桜の季節
15年3月八方尾根スキー
15年2月赤倉蟹&スキー
15年2月志賀スキー
14年12月愛宕山
14年11月鍋足山
14年10月高ボッチ高原
14年10月房総の村
14年9月那須高原キャンプ
14年8月習志野花火大会
14年6月勝浦(千葉県)
14年6月 水郷ポタリング
14年5月 鳴虫山
14年5月 天城森林浴
14年4月 桃源郷
14年4月 花見川
14年3月 三毳山
14年3月 青葉の森
14年3月 志賀高原
14年2月 乗鞍高原温泉
14年2月 戸隠スキー
14年2月 袋田の滝
14年2月 苗場スキー
14年1月 美ヶ原Ⅱ
14年1月 美ヶ原Ⅰ
14年1月 竪破山
13年12月 高尾山
13年11月 大山(おおやま)
13年11月 生瀬富士と袋田滝
13年11月 青笹山
13年10月 八海山
13年10月 本栖湖キャンプ
13年9月 高川山
13年9月 西沢渓谷
13年9月 尾白川渓谷
13年8月 横尾山
13年8月 戸田花火&BBQ
13年7月 高尾山ビアマウント
13年7月 麻綿原高原
13年7月 鋸山散策
13年6月 伊豆の中心部へ
13年6月 伊豆への道中
13年5月 倉岳山・高畑山
13年5月 湯島キャンプ
13年5月 四ツ又山~鹿岳
13年5月 富士山観賞
13年4月 日光から足尾 Ⅱ
13年4月 日光から足尾 Ⅰ
13年4月 印旛沼ポタリング
13年3月 三ツ峠山
13年3月 志賀スキー
13年3月 白馬スキー
13年2月 高峰温泉雪遊びⅡ
13年2月 高峰温泉雪遊びⅠ
13年2月 野沢温泉スキー場
13年2月 宮城蔵王スキー場
13年1月 高湯温泉
13年1月 蔵王温泉スキー場
13年1月 猫魔で初滑り
12年11月 渡良瀬渓谷
12年11月 渡良瀬遊水地
12年10月 平泉
12年10月 安達太良山Ⅱ
12年10月 安達太良山Ⅰ
12年9月 乙女森キャンプ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅱ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅰ
12年8月 千葉の花火大会
12年7月 裏磐梯キャンプ
12年6月 甘利山
12年6月 赤城山
12年6月 水元公園
12年5月 渡良瀬遊水地
12年5月 金環日食
12年5月 上州三峰山
12年4月 一切経山
12年4月 近隣の桜
12年4月 吉野梅郷
12年3月 榛名外輪山
12年3月 海に続く電柱
12年3月 ハクバ
12年3月 志賀高原 Ⅱ
12年3月 志賀高原 Ⅰ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅲ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅱ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅰ
12年2月 戸隠 Ⅲ
12年2月 戸隠 Ⅱ
12年2月 戸隠 Ⅰ
12年2月 嬬恋スキー
12年1月 大山スキー
12年1月 ドイツ村Ⅱ
12年1月 ドイツ村Ⅰ
11年12月 大和葛城山
11年12月 ビール工場ツァー
11年12月 野協忘年山行
11年11月 談山神社の紅葉
11年11月 明日香の紅葉
11年11月 古城の紅葉
11年11月 堺の紅葉
11年11月 化野 念仏寺
11年11月 栂尾 高山寺
11年11月 大原 三千院
11年11月 大原 寂光院
11年11月 岳人の森Ⅱ
11年11月 岳人の森Ⅰ
11年11月 宍粟の秋
11年10月 霊山
11年10月 串柿の里
11年10月 白髪岳
11年9月 祇園北側
11年9月 物部川の滝
11年9月 四国カルストの夜明け
11年9月 四国カルストの黄昏
11年9月 八釜甌穴・姫鶴平
11年9月 中津渓谷
11年9月 仁淀川安居渓谷
11年9月 だんじり&ふとん
11年8月 東はりまキャンプ
11年8月 北山川 Ⅲ
11年8月 北山川 Ⅱ
11年8月 北山川 Ⅰ
11年8月 山陰浦富海岸
11年8月 北山川ダッキー
11年8月 古座川カヌー
11年7月 夏 徒然Ⅱ
11年7月 夏 徒然Ⅰ
11年7月 笠置山本番
11年7月 白浜ダイビング
11年6月 笠置山
11年6月 白鷺池公園花菖蒲
11年6月 山田池公園の花
11年5月 浜寺公園
11年5月 葛城山Ⅱ
11年5月 葛城山
11年5月 青山高原
11年4月 筱見キャンプⅡ
11年4月 筱見キャンプ
11年4月 吉野観桜Ⅱ
11年4月 吉野観桜Ⅰ
11年4月 須磨アルプス
11年4月 北山花見
11年3月 大阪城・鶴見緑地
11年3月 荒山公園梅林
11年3月 野沢温泉スキー
11年3月 リベンジ釈迦ヶ岳
11年2月 中山 健ハイ
11年2月 山陰から大山へ
11年2月 シャルマン火打スキー
11年1月 釈迦岳転進観音峰
11年1月 蟹&スキーIN兵庫
11年1月 裏六甲氷瀑巡り
11年1月 志賀高原スキーⅡ
11年1月 志賀高原スキー
10年12月 摩耶山ハイク
10年11月 東福寺へ
10年11月 詩仙堂へ
10年11月 実相院・曼殊院
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 箕面滝
10年11月 川湯キャンプ
10年11月 しまなみ海道 Ⅱ
10年11月 しまなみ海道へ
10年11月 高御位山
10年10月 首里城へ
10年10月 慶良間へ
10年10月 沖縄へ
10年10月 竜王山
10年10月 有馬四十八滝
10年9月 古座川キャンプⅡ
10年9月 古座川キャンプⅠ
10年9月 モンゴル料理
10年9月 猛虎会
10年9月 沖縄料理
10年9月 吉野川ラフティング
10年8月 ホルモン焼
10年8月 原不動滝キャンプ
10年8月 白浜海水浴
10年8月 鏡平へ
10年8月 三俣蓮華・双六岳
10年8月 三俣山荘への道
10年8月 黒部五郎岳へ
10年8月 太郎兵衛平へ
10年8月 木曽駒ヶ岳Ⅱ
10年7月 木曽駒ヶ岳Ⅰ
10年7月 暑気払い
10年7月 紀伊大島ダイビング
10年7月姫路セントラルパーク
10年7月白浜ダイビング
10年7月食いしん坊台湾編
10年7月吉野川キャニオニング
10年7月小歩危ラフティング
10年7月 虚空蔵山
10年7月 野宴 納涼会
10年6月 神戸森林植物園
10年6月 布引ハイク
10年6月 蛍川キャンプ
10年6月 食いしん坊韓国編
10年6月 地蔵川の梅花藻
10年6月 緑化センターの花
大峰大日岳のアケボボツツジ
10年5月 大峰大日岳の花Ⅱ
10年5月 大峰大日岳の花
10年5月 芦屋川地獄谷
10年5月 立山夏スキーⅣ
10年5月 立山夏スキーⅢ
10年5月 立山夏スキーⅡ
10年5月 立山夏スキーⅠ
10年5月 大阪 渡船場巡り
10年5月 御嶽山スキー
10年4月 馬籠宿・妻籠宿
10年4月 明治村散策
10年4月 伏見名水巡り
10年4月 金剛山
10年4月 雲山峰
10年4月 甲山ツツジ゙と桜
10年4月 千苅ダム・大岩岳
10年4月 大阪城公園花見
10年3月 再カラアゲマウンテン
10年3月 堺ポタリング
10年3月 赤倉合流スキーⅡ
10年3月 赤倉合流スキー
10年3月 野沢温泉スキー
10年3月 志賀スキー
10年2月 六甲荒地山
10年2月 南部梅林
10年2月シャルマン火打スキーⅡ
10年2月シャルマン火打スキーⅠ
10年2月ハチ北スキー&かに
10年1月 マキノ高原ハイク
10年1月 蓬莱山ハイク
10年1月 平日スキー東鉢
10年1月 前山から明神平
10年1月 白いフアンタジィ
10年1月 雪中ハイク前山ヘ
10年1月 樹氷ハイク明神平ヘ
10年1月 続ハクバの遊び
10年1月 ハクバで雪遊び
10年1月 東京ドームシティ イルミ
09年12月 初滑り 勝山
09年12月 カラアゲマウンテン
09年12月 ODK二つの行事
09年12月 六甲と道草
09年12月 六甲忘年山行
09年12月 局ヶ岳
09年11月 長老ヶ岳
09年11月 晩秋紅葉 勧修寺
09年11月 晩秋紅葉 永観堂
09年11月 晩秋紅葉 天満宮
09年11月 晩秋紅葉 嵯峨野
09年11月 晩秋紅葉 嵐山
09年11月 ミステリーキャンプ
09年11月 笹ヶ峰へ
09年11月 笹ヶ峰への道
09年11月 グアムでダイビング
09年11月 グアムで講習
09年11月 あけぼの平への道
09年10月 モダン焼と紅葉
09年10月 余呉キャンプ
09年10月 ゴロゴロ岳
09年10月 下ノ廊下
09年10月 浄土山から黒部湖
09年10月 室堂へ
09年10月 伊吹山頂上へ
09年10月 伊吹山へ
09年09月 赤石岳へ
09年09月 悪沢岳へ
09年09月 千枚小屋へ
09年09月 鷲峰山
09年09月 観音峰・稲村ヶ岳
09年09月 古光山・赤目渓谷
09年08月 大江山キャンプ
09年08月 堺の夜景
09年08月 堺の日没
09年08月 蓮華岳を過ぎて
09年08月 蓮華岳へ
09年08月 針ノ木岳の朝
09年08月 針ノ木峠へ
09年08月 池木屋山
09年08月 堺の思いでⅤ街
09年08月 堺の思いでⅣ春
09年08月 堺の思いでⅢ冬
09年08月 堺の思いでⅡ秋
09年08月 堺の思いでⅠ夏
09年07月 尼崎レクカーニバル
09年07月 四万十川
09年07月 芦屋の海で
09年07月 公園の花
09年07月 蓮と自戒
09年07月 健ハイ中山
09年07月 蝶の温室
09年06月 宇治と納涼会
09年06月 三室戸寺
09年06月 六甲ヤマアジサイ
09年06月 赤いシチダンカ
09年06月 六甲水面の花
09年06月 布引の百選紀行
09年06月 白鷺公園花菖蒲
09年06月 賤ヶ岳ハイク
09年06月 ほたる川BBQ
09年06月 反省の孔雀岳
09年05月 阿蘇からの帰り
09年05月 荒涼たる山の彼方
09年05月 阿蘇のスケール
09年05月 由布岳の花園
09年05月 荒野の花園
09年05月 御在所岳の花
09年05月 高野山の彩り
09年05月 赤石山系
09年05月 天狗塚
09年04月 春の聖パートⅠ
09年05月 春の聖パートⅡ
09年04月 吉野の桜
09年04月 広田神社ツツジ
09年04月 北山貯水池花見
09年04月 大和路 宇陀
09年03月 栂池スキー
09年03月 霊仙山
09年03月 三峰・学能堂山
09年03月 薊岳・明神平
09年02月 府庁山
09年02月 妙高市民スキー
09年02月 ハチ・ハチ北スキー
09年01月 奥美濃スキー
09年01月 八犬伝の富山
08年11月 摩耶山の紅葉
08年11月 新雪の大普賢岳
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅰ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅱ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅲ
08年10月 本白根・横手
08年10月 仙人温泉へ Ⅰ
08年10月 仙人温泉へ Ⅱ
08年10月 仙人温泉へ Ⅲ
08年10月 仙人温泉へ Ⅳ
08年10月 八淵滝・武奈ヶ岳
08年9月 平城宮と奈良
08年9月 六甲ロックガーデン
08年8月 水晶への山旅Ⅰ
08年8月 水晶への山旅Ⅱ
08年8月 水晶への山旅Ⅲ
08年8月 水晶への山旅Ⅳ
08年8月 御嶽山
08年7月  釈迦ヶ岳
08年7月 堺~鶴見緑地
08年7月 雄岡山・雌岡山
08年6月 立山サマースキー
08年5月 岩湧山
08年4月 春の黒部五郎岳
08年4月 竜門山
08年4月 山上ヶ岳
08年3月 愛宕山(京都)
08年3月 野協春スキー
08年3月 志賀スキー
08年2月 ハクバスキー
08年01月 岩戸山・十国峠 
07年11月 牛滝山紅葉狩り 
07年 11月10日 剣山 
07年11月 大崩山 
07年10月 越百山・南駒ケ岳・空木岳 
07年9月 御手洗渓谷 
07年8月 五色ヶ原・薬師岳 
07年7月 札幌出張の余得 
07年5月 犬鳴山~和泉葛城
07年4月 弥山谷・八経ヶ岳 
07年4月 三嶺と屯鶴峯 
07年1月 曾爾高原 
06年12月 金勝アルプス 
06年11月 韓国・高千穂峰 
06年10月 祖母山 
06年8月 日本最低峰二峰
06年7月 焼岳 
06年5月 春の双六岳
06年4月 九重連山 
06年1月 ハチ北スキー 
05年10月 岩殿山送別山行 
05年9月 平標山 
05年7月 常念岳・燕岳 
05年7月 姫神岩手早池峰 
05年6月 巻機山 
05年6月 雷鳥沢スキー 
05年5月 三斗小屋温泉へ 
05年5月 日留賀岳 
05年4月 春の乗鞍岳 
05年4月 鹿岳・四ツ又山 
04年11月 養老渓谷
04年10月 高原山
04年9月 四阿山・根子岳
04年4月 春の燕~木無里 
04年3月 鳴虫山 
04年3月 丹沢なごり雪 
04年1月 黒斑山
03年12月 日向山
03年9月 蔵王・月山
03年9月 編笠山
03年8月 男体山
03年6月 上州武尊山
03年6月 那須茶臼・南月山
03年5月 両神山
03年5月 春の唐松・雨飾
03年1月 高峰高原
02年12月 本社ヶ丸
02年11月 初冬の栗沢山 
02年10月 那須大白森山
02年10月 鳥海山・月山 
02年7月 五色ヶ原
02年5月 金峰山・瑞牆山 
02年5月 春の蝶ヶ岳 
02年4月 春の鳳凰三山 
01年10月 木曽駒・雨飾山 
00年4月 越百山~南駒ケ岳
99年10月 妙高山 
99年4月 春の穂高岳 
98年4月 春の内蔵助平 
95年10月 八ヶ岳

FC2カウンター

since2008/5/16

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

山を歩けば
楽しいことが好きです。   「ワイワイ遊ぶこと」=「幸せ」が私の基本です。                  膝の手術をしてから山へ行くことが少なくなって・・・ でも名前は温存しています。             「習志野山歩会」「関東アウトドアクラブ」所属。興味ある方 左下のリンクからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須北部、大白森山
2002年10月19日(曇り)
那須大白森山
バスに揺られて4時間。
甲子温泉に到着しました。
残念ながら太陽は見えません。
那須甲子温泉にて 甲子峠
旅館の前で降車、山腹にひときわ目立つ紅の木が。甲子峠周辺に緑はありません。
大白森山下山途中2大白森山下山途中3
大白森山からの展望効かず。視線は紅葉に集中。紅葉が慰めてくれます。
大白森山下山途中5大白森山下山途中7
陽光に透かして見てみたいものす。白い紅葉というのもおかしいか!
大白森山下山途中8大白森山下山途中9
紅の乱舞です。国道289号線の紅葉でした。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

鳥海・月山(2002年)
鳥海山全貌

12日午前零時半深夜の東北道を走り、(普通じゃないと思いつつ)
12日鳥海山、13日月山、14日蔵王 と巡ってまいりました。
単独行でしたが、鳥海山、月山は風も吹かず、穏やかな秋の日に包まれて
幸せを感じる山行でした。
10月12日(土) 快晴 微風
(7時~12時 登山口→七高山)
12日朝鳥海高原ラインの駐車場に到着。
午前7時、駐車場手前の登山口(標高1200m)を朝7時に出発。
50分程登ると河原宿の広い平原に出る。広い溶岩台地に残る雪田と秀麗に延びる鳥海
の姿、後ろを振り返ると、下界を靄のように覆うガスから突き出たはるかな月山の独立峰。
写真を撮っていると、年配のおじさんが挨拶をして先に行く。
写真を撮った後、熊笹の間を2分も行くと、河原宿小屋の前に出る。
先ほどのおじさんが朝食の用意をしていたので、話かける。
地元の人で、いろいろ話してくれる。
一昨日から昨日にかけて吹雪で、遭難者が出たとか、昨日の夕方から晴れて、ヘリコプター
で救助されたとのこと。北の山は恐い。
8時20分、一足先に出発。
黄色いペンキに導かれて歩く。石ころだらけの歩き難い道が続く。
9時20分過ぎ、右から登山道が合流。やがてアザミ坂の急登に変わる。
河原宿と月山遠望

10時頃単独行のおじさんに追いつく。先ほど話したおじさんだ。
『何で先を歩いていたの?』不思議に思って聞いてみると、導いてくれた黄色のペンキは、地元
の高校生が自分らのために塗ったもので遠回りになっていて、一般道は別だったらしい。
今年の紅葉は、台風16号の強風でさっぱりだそうだ。
「伏拝岳(ふしおがみだけ:外輪山のひとつ2060m)までもうすぐだ。」と聞いて、再び先に行く。
アザミ坂の急登がなだらかにになると、周りは雪景色に変わった。
10時30分伏拝岳に出る。
伏拝岳から笙ヶ岳・日本海

そこから先は外輪山と中央火口丘を分ける千蛇谷の絶壁になっていた。
外輪山の絶壁には、雪の凍りついた潅木の枝がにょきにょき出ている。
その先に、中央火口丘の新山(鳥海山頂上2236m)が白い衣装をまとって荒々しい姿で立っていた。
写真を撮った後、行者岳を越えて、外輪山の最高峰七高山(2230m)まで30分。
5分程戻った、広い見晴らしの良いところで昼食。
「まずはビールと行こう!」知らぬ間に独り言を言ってしまう。
風のない、穏やかな秋の日差しを浴びつつ、ニヤニヤして冷たい缶ビールを取り出す。
右手には、深く切れ込んだ千蛇谷とそこから突上げる新山が雪化粧をして迫ってくる。
左手には、名も知らぬ東北の山が彼方まで重なるように続いている。
「今日はビールが旨いでしょう。」通りすがりの人が東北なまりで話かけてくる。
幸せを感じる。

(12時~17時 鳥海山頂→七五三掛→千畳ヶ原→登山口)
昼食を終え、新山目指して岩道を千蛇谷へ下る。雪が付いているので慎重に下る。
神社の前にザックを置いて、岩を積上げたような新山に取り付く。
10分余りで頂上に到着。 そこからの眺めは今までとまったく違う。
東から南にかけて外輪山の絶壁に囲まれて、中央火口丘の岩峰群が屹立している。
鳥海山頂の上に月山

鳥海山の標識が無ければどれが頂上かわからない。
北西は庄内平野から日本海に広がり、はるかな果てで空と溶け合っている。
13時、神社に戻り、ザックを担いで千蛇谷を下る。
しばらく下って振り返る、新山の全貌と南半分を取り囲む外輪山の絶壁のバランスが絶妙だ。
鳥海と千蛇ヶ谷

14時、絶壁が消滅する地点、七五三掛に着く。振り返って新山を見納める。
ここより外輪山の内側から外側に出たことになる。
岩の世界から、見渡す限り草原の世界へ。鳥海湖方向へ15分程水平な道が続く。
鳥海湖の手前から沢に向けて下りにに入る。下りきって沢を横切ると平坦な道に変わる。
千畳ヶ原を含め、池塘を散りばめた 秋の陽光に輝く広大な草原を行くのは俺一人。
千畳ヶ原から鍋森

柔和な一人ぼっちの世界の気持ちの良いこと。
人が歩いて出来た窪みにできた水溜まりも、やがては池塘に変わっていくようだ。
草原の夢の世界の散歩は1時間。月山森の手前沢を渡ったところで道が途切れる。
良く見ると、大石に埋め尽くされた涸沢にペンキの目印が見えた。
しんどい沢登りは30分で終わる。
振り返って千畳ヶ原に別れを告げる。月山森から千畳ヶ原
またも、笹原が続いている。
池塘と化した道と熊笹に滑りそうになりながら、やがて、朝通過した河原宿に出る。
八丁坂を下って駐車場に戻った時は17時になっていた。
車に乗り込み、湯の台温泉に立ち寄り汗を流す。

途中、コンビニで食料(つまみ)を買い込み月山に向かう。
19時、8合目の駐車場に着くと、既に来ている車が6台。
8合目では20時頃月が沈み、星が一層輝きを増す。
満天にきらめく星々とミルク色に流れる天の川を眺めつつ飲む酒の味わい深さ。
ほろ酔いで快眠をむさぼったのでした。

10月13日(日) 快晴 微風
(6時~13時 八合目→弥陀ヶ原→月山頂上 往復)
朝5時起床。空は抜けるように青い、北には昨日感激の鳥海山が朝もやに浮かんでいる。
周りの車でも人が起きだし、すでに朝食をとっている者もいる。
またも感激の一日が幕を開ける。との予感。
6時、厚着のうえにザックを担いで駐車場から登山道にはいる。
駐車場出口の舗装道を数m登って右折すると、そこはもう弥陀ヶ原。
池塘と草原のなかを木道がうねうねと延びている。延び行く彼方に月山頂上が小さく頭を見せている。
朝霜に白くなった草原と木道、池塘には薄い氷。それでも30分も歩くと暑くなり上着を脱ぐ。
草原と小さな坂を繰り返す。実にのどかな登山道が続く。
右に左に草原がひろがり、遠くに山並みが重畳と続く。出会った人に聞いた蔵王以外山の名前はわからない。
弥陀ヶ原と鳥海遠望

あまりに穏やかな道のため、写真を撮る以外立ち止まることもなく、3時間で頂上らしいところに到着。
どこが頂上なのか良く分からない。ソフトな草原ラインを眼下に、持ってきた柿の皮を剥く。
柿を食い終え、だだっ広い、しかし、これ以上高いところがない草原を歩き回る。
頂上の標識もない。どうやら、月山神社の社が頂上らしいが、これも勝手な想像。
頂上なのに池塘がある。月山頂上にて
月山頂上小屋の横をとおり、南斜面に行く。草原に顔を出している岩に
腰掛け10時前だが昼食にする。眼前に波打つ山々。おそらく朝日連峰、飯豊連峰が見えているんだ
と思うが、どの山かわからない。のんびりした気分でわけの分からない景色の中でカレーうどんがうまい。
何とも言えないのどかさにつつまれて、ゆったり下る。
弥陀ヶ原に戻ってくると、弥陀ヶ原散策を目的に来ている人達が結構多く、急ににぎやかになる。
弥陀ヶ原を過ぎて月山を振り返る

駐車場に戻ってきたのは、13時を少し過ぎた頃だった。

国道112号を寒河江川に沿って下る。期待した紅葉はまだまだ、月山湖はまだ緑一色の世界だった。
蔵王エコーラインを通って苅田岳(お釜のそば)の駐車場を目指す。
16時半駐車場の直前で渋滞、さすが蔵王は観光地だ。
お釜を背にして、西の空を茜色の染めて没し行く夕日を浴びながら、『今夜も満天の星を肴に酒が旨いぞ。』いやしい想いがすぐ浮かぶ。
月が西に没する頃、一転にわかに掻き曇り車を揺るがす突然の強風。
カーテンが風になびくように流れるガスが星空を包み込んで行く。 苦い酒となりました。

10月14日(月) 山:曇り強風  平地:晴れ
5時起床。 ガスは晴れておらず、強風も治まっていない。
6時あきらめて下山することにした。
山形から登った蔵王エコーラインを、白石に向けて下る。10分も下るとガスの世界を脱出。
不帰ノ滝見台駐車場に車をおいて、崖っぷちに建っている展望台の階段下に来ると、谷からの風が
強烈。手摺につかまって階段を登るが、数秒間隔でやってくる烈風に体が浮きそうになる。
滝の写真を撮ろうと身を乗り出そうとすると、さらに風が強く怖い。
フェンスに腕を通して体を固定し、シャッターを押す。
烈風の滝見台をあとにして帰路についた。
不帰の滝1


不帰の滝2


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。