プロフィール

山歩屋

Author:山歩屋
天気の良い山が好きです。
天気が悪い日の山は楽しくありません。
一人山へ行きたくなったときは、天気予報を見ます。
そして 行ったり、行かなかったり…

間ノ岳の頂上で、寒さに耐えながら御来光を待ちました。
待ち焦がれた瞬間です。
朝日が山を染め始めました。
流れる雲には私の影が映っています。
暖かそうな虹の輪が、私の影を包んでいました。

間ノ岳にて

[記事年代順]
17年10月 常滑散策
17年10月 大杉谷
17年7月 野反湖
17年5月 釈迦ヶ岳
17年3月 宝登山
17年2月 ハクバスキー
17年1月 蔵王スキー
16年12月 高宕山
16年11月 日向山
16年9月 飯盛山
16年7月 野反湖
16年7月 霧降隠れ三滝
16年6月 黒檜山
16年5月 足利フラワーパーク
16年4月 子持山
16年2月 苗場スキー
16年2月 志賀高原
16年1月 本社ヶ丸
15年11月 大平・晃石山
15年9月 日光白根山
15年8月 蝶々誕生
15年6月 あじさい屋敷
15年6月 柴又サイクリング
15年6月 丸山(秩父)
15年4月 三ツ岩岳
15年4月高尾山花見
15年4月桜の季節
15年3月八方尾根スキー
15年2月赤倉蟹&スキー
15年2月志賀スキー
14年12月愛宕山
14年11月鍋足山
14年10月高ボッチ高原
14年10月房総の村
14年9月那須高原キャンプ
14年8月習志野花火大会
14年6月勝浦(千葉県)
14年6月 水郷ポタリング
14年5月 鳴虫山
14年5月 天城森林浴
14年4月 桃源郷
14年4月 花見川
14年3月 三毳山
14年3月 青葉の森
14年3月 志賀高原
14年2月 乗鞍高原温泉
14年2月 戸隠スキー
14年2月 袋田の滝
14年2月 苗場スキー
14年1月 美ヶ原Ⅱ
14年1月 美ヶ原Ⅰ
14年1月 竪破山
13年12月 高尾山
13年11月 大山(おおやま)
13年11月 生瀬富士と袋田滝
13年11月 青笹山
13年10月 八海山
13年10月 本栖湖キャンプ
13年9月 高川山
13年9月 西沢渓谷
13年9月 尾白川渓谷
13年8月 横尾山
13年8月 戸田花火&BBQ
13年7月 高尾山ビアマウント
13年7月 麻綿原高原
13年7月 鋸山散策
13年6月 伊豆の中心部へ
13年6月 伊豆への道中
13年5月 倉岳山・高畑山
13年5月 湯島キャンプ
13年5月 四ツ又山~鹿岳
13年5月 富士山観賞
13年4月 日光から足尾 Ⅱ
13年4月 日光から足尾 Ⅰ
13年4月 印旛沼ポタリング
13年3月 三ツ峠山
13年3月 志賀スキー
13年3月 白馬スキー
13年2月 高峰温泉雪遊びⅡ
13年2月 高峰温泉雪遊びⅠ
13年2月 野沢温泉スキー場
13年2月 宮城蔵王スキー場
13年1月 高湯温泉
13年1月 蔵王温泉スキー場
13年1月 猫魔で初滑り
12年11月 渡良瀬渓谷
12年11月 渡良瀬遊水地
12年10月 平泉
12年10月 安達太良山Ⅱ
12年10月 安達太良山Ⅰ
12年9月 乙女森キャンプ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅱ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅰ
12年8月 千葉の花火大会
12年7月 裏磐梯キャンプ
12年6月 甘利山
12年6月 赤城山
12年6月 水元公園
12年5月 渡良瀬遊水地
12年5月 金環日食
12年5月 上州三峰山
12年4月 一切経山
12年4月 近隣の桜
12年4月 吉野梅郷
12年3月 榛名外輪山
12年3月 海に続く電柱
12年3月 ハクバ
12年3月 志賀高原 Ⅱ
12年3月 志賀高原 Ⅰ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅲ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅱ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅰ
12年2月 戸隠 Ⅲ
12年2月 戸隠 Ⅱ
12年2月 戸隠 Ⅰ
12年2月 嬬恋スキー
12年1月 大山スキー
12年1月 ドイツ村Ⅱ
12年1月 ドイツ村Ⅰ
11年12月 大和葛城山
11年12月 ビール工場ツァー
11年12月 野協忘年山行
11年11月 談山神社の紅葉
11年11月 明日香の紅葉
11年11月 古城の紅葉
11年11月 堺の紅葉
11年11月 化野 念仏寺
11年11月 栂尾 高山寺
11年11月 大原 三千院
11年11月 大原 寂光院
11年11月 岳人の森Ⅱ
11年11月 岳人の森Ⅰ
11年11月 宍粟の秋
11年10月 霊山
11年10月 串柿の里
11年10月 白髪岳
11年9月 祇園北側
11年9月 物部川の滝
11年9月 四国カルストの夜明け
11年9月 四国カルストの黄昏
11年9月 八釜甌穴・姫鶴平
11年9月 中津渓谷
11年9月 仁淀川安居渓谷
11年9月 だんじり&ふとん
11年8月 東はりまキャンプ
11年8月 北山川 Ⅲ
11年8月 北山川 Ⅱ
11年8月 北山川 Ⅰ
11年8月 山陰浦富海岸
11年8月 北山川ダッキー
11年8月 古座川カヌー
11年7月 夏 徒然Ⅱ
11年7月 夏 徒然Ⅰ
11年7月 笠置山本番
11年7月 白浜ダイビング
11年6月 笠置山
11年6月 白鷺池公園花菖蒲
11年6月 山田池公園の花
11年5月 浜寺公園
11年5月 葛城山Ⅱ
11年5月 葛城山
11年5月 青山高原
11年4月 筱見キャンプⅡ
11年4月 筱見キャンプ
11年4月 吉野観桜Ⅱ
11年4月 吉野観桜Ⅰ
11年4月 須磨アルプス
11年4月 北山花見
11年3月 大阪城・鶴見緑地
11年3月 荒山公園梅林
11年3月 野沢温泉スキー
11年3月 リベンジ釈迦ヶ岳
11年2月 中山 健ハイ
11年2月 山陰から大山へ
11年2月 シャルマン火打スキー
11年1月 釈迦岳転進観音峰
11年1月 蟹&スキーIN兵庫
11年1月 裏六甲氷瀑巡り
11年1月 志賀高原スキーⅡ
11年1月 志賀高原スキー
10年12月 摩耶山ハイク
10年11月 東福寺へ
10年11月 詩仙堂へ
10年11月 実相院・曼殊院
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 箕面滝
10年11月 川湯キャンプ
10年11月 しまなみ海道 Ⅱ
10年11月 しまなみ海道へ
10年11月 高御位山
10年10月 首里城へ
10年10月 慶良間へ
10年10月 沖縄へ
10年10月 竜王山
10年10月 有馬四十八滝
10年9月 古座川キャンプⅡ
10年9月 古座川キャンプⅠ
10年9月 モンゴル料理
10年9月 猛虎会
10年9月 沖縄料理
10年9月 吉野川ラフティング
10年8月 ホルモン焼
10年8月 原不動滝キャンプ
10年8月 白浜海水浴
10年8月 鏡平へ
10年8月 三俣蓮華・双六岳
10年8月 三俣山荘への道
10年8月 黒部五郎岳へ
10年8月 太郎兵衛平へ
10年8月 木曽駒ヶ岳Ⅱ
10年7月 木曽駒ヶ岳Ⅰ
10年7月 暑気払い
10年7月 紀伊大島ダイビング
10年7月姫路セントラルパーク
10年7月白浜ダイビング
10年7月食いしん坊台湾編
10年7月吉野川キャニオニング
10年7月小歩危ラフティング
10年7月 虚空蔵山
10年7月 野宴 納涼会
10年6月 神戸森林植物園
10年6月 布引ハイク
10年6月 蛍川キャンプ
10年6月 食いしん坊韓国編
10年6月 地蔵川の梅花藻
10年6月 緑化センターの花
大峰大日岳のアケボボツツジ
10年5月 大峰大日岳の花Ⅱ
10年5月 大峰大日岳の花
10年5月 芦屋川地獄谷
10年5月 立山夏スキーⅣ
10年5月 立山夏スキーⅢ
10年5月 立山夏スキーⅡ
10年5月 立山夏スキーⅠ
10年5月 大阪 渡船場巡り
10年5月 御嶽山スキー
10年4月 馬籠宿・妻籠宿
10年4月 明治村散策
10年4月 伏見名水巡り
10年4月 金剛山
10年4月 雲山峰
10年4月 甲山ツツジ゙と桜
10年4月 千苅ダム・大岩岳
10年4月 大阪城公園花見
10年3月 再カラアゲマウンテン
10年3月 堺ポタリング
10年3月 赤倉合流スキーⅡ
10年3月 赤倉合流スキー
10年3月 野沢温泉スキー
10年3月 志賀スキー
10年2月 六甲荒地山
10年2月 南部梅林
10年2月シャルマン火打スキーⅡ
10年2月シャルマン火打スキーⅠ
10年2月ハチ北スキー&かに
10年1月 マキノ高原ハイク
10年1月 蓬莱山ハイク
10年1月 平日スキー東鉢
10年1月 前山から明神平
10年1月 白いフアンタジィ
10年1月 雪中ハイク前山ヘ
10年1月 樹氷ハイク明神平ヘ
10年1月 続ハクバの遊び
10年1月 ハクバで雪遊び
10年1月 東京ドームシティ イルミ
09年12月 初滑り 勝山
09年12月 カラアゲマウンテン
09年12月 ODK二つの行事
09年12月 六甲と道草
09年12月 六甲忘年山行
09年12月 局ヶ岳
09年11月 長老ヶ岳
09年11月 晩秋紅葉 勧修寺
09年11月 晩秋紅葉 永観堂
09年11月 晩秋紅葉 天満宮
09年11月 晩秋紅葉 嵯峨野
09年11月 晩秋紅葉 嵐山
09年11月 ミステリーキャンプ
09年11月 笹ヶ峰へ
09年11月 笹ヶ峰への道
09年11月 グアムでダイビング
09年11月 グアムで講習
09年11月 あけぼの平への道
09年10月 モダン焼と紅葉
09年10月 余呉キャンプ
09年10月 ゴロゴロ岳
09年10月 下ノ廊下
09年10月 浄土山から黒部湖
09年10月 室堂へ
09年10月 伊吹山頂上へ
09年10月 伊吹山へ
09年09月 赤石岳へ
09年09月 悪沢岳へ
09年09月 千枚小屋へ
09年09月 鷲峰山
09年09月 観音峰・稲村ヶ岳
09年09月 古光山・赤目渓谷
09年08月 大江山キャンプ
09年08月 堺の夜景
09年08月 堺の日没
09年08月 蓮華岳を過ぎて
09年08月 蓮華岳へ
09年08月 針ノ木岳の朝
09年08月 針ノ木峠へ
09年08月 池木屋山
09年08月 堺の思いでⅤ街
09年08月 堺の思いでⅣ春
09年08月 堺の思いでⅢ冬
09年08月 堺の思いでⅡ秋
09年08月 堺の思いでⅠ夏
09年07月 尼崎レクカーニバル
09年07月 四万十川
09年07月 芦屋の海で
09年07月 公園の花
09年07月 蓮と自戒
09年07月 健ハイ中山
09年07月 蝶の温室
09年06月 宇治と納涼会
09年06月 三室戸寺
09年06月 六甲ヤマアジサイ
09年06月 赤いシチダンカ
09年06月 六甲水面の花
09年06月 布引の百選紀行
09年06月 白鷺公園花菖蒲
09年06月 賤ヶ岳ハイク
09年06月 ほたる川BBQ
09年06月 反省の孔雀岳
09年05月 阿蘇からの帰り
09年05月 荒涼たる山の彼方
09年05月 阿蘇のスケール
09年05月 由布岳の花園
09年05月 荒野の花園
09年05月 御在所岳の花
09年05月 高野山の彩り
09年05月 赤石山系
09年05月 天狗塚
09年04月 春の聖パートⅠ
09年05月 春の聖パートⅡ
09年04月 吉野の桜
09年04月 広田神社ツツジ
09年04月 北山貯水池花見
09年04月 大和路 宇陀
09年03月 栂池スキー
09年03月 霊仙山
09年03月 三峰・学能堂山
09年03月 薊岳・明神平
09年02月 府庁山
09年02月 妙高市民スキー
09年02月 ハチ・ハチ北スキー
09年01月 奥美濃スキー
09年01月 八犬伝の富山
08年11月 摩耶山の紅葉
08年11月 新雪の大普賢岳
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅰ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅱ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅲ
08年10月 本白根・横手
08年10月 仙人温泉へ Ⅰ
08年10月 仙人温泉へ Ⅱ
08年10月 仙人温泉へ Ⅲ
08年10月 仙人温泉へ Ⅳ
08年10月 八淵滝・武奈ヶ岳
08年9月 平城宮と奈良
08年9月 六甲ロックガーデン
08年8月 水晶への山旅Ⅰ
08年8月 水晶への山旅Ⅱ
08年8月 水晶への山旅Ⅲ
08年8月 水晶への山旅Ⅳ
08年8月 御嶽山
08年7月  釈迦ヶ岳
08年7月 堺~鶴見緑地
08年7月 雄岡山・雌岡山
08年6月 立山サマースキー
08年5月 岩湧山
08年4月 春の黒部五郎岳
08年4月 竜門山
08年4月 山上ヶ岳
08年3月 愛宕山(京都)
08年3月 野協春スキー
08年3月 志賀スキー
08年2月 ハクバスキー
08年01月 岩戸山・十国峠 
07年11月 牛滝山紅葉狩り 
07年 11月10日 剣山 
07年11月 大崩山 
07年10月 越百山・南駒ケ岳・空木岳 
07年9月 御手洗渓谷 
07年8月 五色ヶ原・薬師岳 
07年7月 札幌出張の余得 
07年5月 犬鳴山~和泉葛城
07年4月 弥山谷・八経ヶ岳 
07年4月 三嶺と屯鶴峯 
07年1月 曾爾高原 
06年12月 金勝アルプス 
06年11月 韓国・高千穂峰 
06年10月 祖母山 
06年8月 日本最低峰二峰
06年7月 焼岳 
06年5月 春の双六岳
06年4月 九重連山 
06年1月 ハチ北スキー 
05年10月 岩殿山送別山行 
05年9月 平標山 
05年7月 常念岳・燕岳 
05年7月 姫神岩手早池峰 
05年6月 巻機山 
05年6月 雷鳥沢スキー 
05年5月 三斗小屋温泉へ 
05年5月 日留賀岳 
05年4月 春の乗鞍岳 
05年4月 鹿岳・四ツ又山 
04年11月 養老渓谷
04年10月 高原山
04年9月 四阿山・根子岳
04年4月 春の燕~木無里 
04年3月 鳴虫山 
04年3月 丹沢なごり雪 
04年1月 黒斑山
03年12月 日向山
03年9月 蔵王・月山
03年9月 編笠山
03年8月 男体山
03年6月 上州武尊山
03年6月 那須茶臼・南月山
03年5月 両神山
03年5月 春の唐松・雨飾
03年1月 高峰高原
02年12月 本社ヶ丸
02年11月 初冬の栗沢山 
02年10月 那須大白森山
02年10月 鳥海山・月山 
02年7月 五色ヶ原
02年5月 金峰山・瑞牆山 
02年5月 春の蝶ヶ岳 
02年4月 春の鳳凰三山 
01年10月 木曽駒・雨飾山 
00年4月 越百山~南駒ケ岳
99年10月 妙高山 
99年4月 春の穂高岳 
98年4月 春の内蔵助平 
95年10月 八ヶ岳

FC2カウンター

since2008/5/16

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

山を歩けば
楽しいことが好きです。   「ワイワイ遊ぶこと」=「幸せ」が私の基本です。                  膝の手術をしてから山へ行くことが少なくなって・・・ でも名前は温存しています。             「習志野山歩会」「関東アウトドアクラブ」所属。興味ある方 左下のリンクからどうぞ。
2009年3月 赤倉スキーⅡ
3月22日(月)【晴れ】
今日も藤井は子供について行けない役立たず状態。
お母さん達はやっぱり子供に付きっ切り。
星野と二人で再び赤倉観光リゾートへ出かけました。
雪は重いものの、新雪のゲレンデは気持ちがいい!
斑尾山・野尻湖の後方に、志賀高原から草津の山並が続きます。
P3220019.jpg


斑尾山と志賀高原です。
P3220020.jpg


鳥甲山・苗場山方面です。
P3220021.jpg


夕べの樹氷も、暖かい陽射しにほとんど落ちてしまったようです。
P3220022.jpg


ちょっと休憩は、テラスで日向ぼっこをしながら。
いい気分です。
P3220024-1.jpg


お昼が近付いてきたので、下ることにしました。
広い視界の中、風を切って滑る心地良さ。
P3220027.jpg


下るにつれて、妙高山の姿がだんだん見えるようになってきます。
P3220032.jpg


妙高山の全貌が見えると、ゲレンデは終わりとなりました。
P3220038.jpg

妙高高原駅前に集合してそば屋で昼食です。

食後、藤井車に乗り込み、星野車に分かれを告げます。
楽しかったウインターシーズンが終わりました。

スポンサーサイト
2009年3月 赤倉スキー
もう、10年近くなる東西合流スキー。
今年は、藤井の大阪転勤、星野の東京転勤と、東西入れ替わっっている。
田辺が中国転勤、溝内・マッツンが都合つかず。
結局、藤井家3人・星野家4人・私の大人5人、子供3人で3月20~22日(2泊3日)のスキー旅行となった。
行き先は、揉めに揉めた末、星野のしつこい希望で、藤井の嫌がる赤倉に決定した。

3月20日(土)【晴れ】
午前0時、豊中の藤井宅で合流し出発。

「はっちゃん(1歳)が寝てる間に・・・」
と途中休憩を少なくしたため、5時40分 杉野沢の宿に到着してしまった。
受付は7時からですが、ロビーまで入れたので、荷物を移して星野に状況を問い合わせました。
「軽井沢で事故渋滞、まったく動かない!」

宿の前の雪にビールを埋めて・・・飲むしかない。

星野の到着を待って杉ノ原ゲレンデへ。
気温が高く、雪は腐ってます。
P3200003.jpg


滑っていると突然制動がかかって、滑り心地は良くありません。
こんな時は、レストハウスが一番です。
P3200001.jpg


店を連絡し、席を確保。
P3200006.jpg


相変わらずヤバイ仲間。
ラグビーで鍛えた藤井、ハンドボールで鍛えた星野、
腰が据わると・・・ 飲むわ飲むわ・・・
何時まで飲んでいたのか良く分かりません。

持ってきたロング缶を飲み干し、仕方なくスキーに戻ります。
P3200008-1.jpg

このときは、藤井も元気です。
P3200009-1.jpg

星野が先に行き、そして藤井、私が最後。
下って行くと、藤井が林の中の木の根元で寝てました。
「どうした?」
「林の中に入ったら、急ブレーキがかかって木にぶつかった。」
起き上がったので、
「先に行くぞ!」
と星野を追いかけます。
しかし、星野は見えず。
リフトももう止まっていたので、そのまま下へ下へ・・・
ゲレンデの終点まで来たが、やっぱり星野はいない。
藤井を待つが、戻って来ない。

近いので宿で待つことにしました。
星野は戻ってました。
やがて、藤井が足を引きずりながら戻ってきました。
「大丈夫か?」
「脚 痛い イタイ!
もう、スキーもゲレンデの最後にほってきた・・・
せいこちゃん、スキー取ってきて。」

藤井受難の日も暮れていきます。
P3200010.jpg


いつものことながら、一日目は皆早寝です。


3月21日(日)【曇り後 雨 後 雪】
星野の携帯目覚ましに起こされます。
窓を開けるが雪は降っていません。
(星野)「結構、脚痛いなぁ。」
(藤井)「俺 その百倍痛いわ!」

以前は一緒に滑ってた、エミリンもせいこさんもお母さんになると、子供の面倒を看るのに徹します。
お母さんってえらいですね!
藤井は子供の面倒も看られない役立たずになってるし・・・

星野・しんちゃん親子と3人で赤倉観光リゾートゲレンデへ向かいました。
到着すると、雨が降り出します。
リフトに乗ると、雨が襲ってきます。
「雨 たまらんなぁ!ゴンドラにしょう。」
ゴンドラを降りたところは雪でした。

星野はしんちゃんを脚の間で支えながら滑ります。
フード付クワッド乗り場まで降りてきました。
「星野しんどいやろ! クワッドで上がってゴンドラで下りたらどうや。」
「いや、このまま下ってみますよ。
時間かかるので、もう一回上がって滑って来て下さい。」
とがんばるので、再度上へ。
下りは星野を見失わないよう、気をつけて滑ります。

最下部まで来ましたが・・・??
見つけられませんでした。
電話が鳴りました。
「もしもし、死にそう! 赤倉観光ホテルでダウンしてます。」

ビール飲んで待つことしばし・・・
P3210012-1.jpg

二人が戻ってきました。
もう、滑る元気は残ってません。

全員合流して昼食、宿に戻りました。

午後から降雪は激しくなりました。
P3210016.jpg

おかげで、窓からの眺めは雪国の旅情をそそるものになりました。

2010年3月 野沢温泉スキー
前夜発一泊二日の野沢温泉スキーです。
元々は、ODKの企画だったのですが、終盤にODKT(関東アウトドアクラブ)と合同企画に変更、のぶさん、えみちゃん、そおはれさん、えいちゃんとそおはれさんの山友達の5人が関東から参加、ODKから16人、計21人(内子供3人)の参加になりました。

3月12日(金)22時30分たつさん宅で合流。
くろちゃんに「今から30分くらいで着くよ。」とメールを入れます。
たつさんには、おーちゃんから「仕事が終わらない。」と連絡が入りました。

おーちゃん待ちでちょっと遅れたので「多賀で間に合わなくてもええやん。」なんて言いながら、豊中ICから名神に・・・
ICに入ったとたん、電話連絡です。

スティッチさんの車がパンク、タイヤ側面に穴が開いたためパンク修理不能、対応協議中と・・・

吹田SAで待機。
なおさんが帰って車を出すことに決まって、行動開始。
しかしバラバラ、全員集合は駒ヶ岳SAで果たすことになりました。


3月13日(土)【曇り後 雨後 雪】
明け方には『晴れるのでは?』と思わせる空だったのですが・・・
遊ロードを降りると同時に雨が降り始めました。

上の平でゴンドラを降りるとガスの中。
とにかく「上へ!」ということでやまびこゲレンデへ行きました。
高くなったおかげで、雨がみぞれになったくらいでのものです。

でも とにかく、集合写真
20100313141530.jpg



『宿に戻って温泉巡りしたい。』
と思ったのですが、とにかく一回は皆に付き合って滑ってみました。

多少、ガスは薄くなり、みぞれが雪に変わりました。
20100313110515.jpg


「雨はいやや!」と言ってましたが、もう、皆止まりません、いやいや、元気です。
20100313110523.jpg


そして、必ず始まる・・・
20100313111303.jpg


ボーダーの狂走隊とわかれ、のぶさん、まるちゃん、おーちゃん、ゆかちゃんの5人で普通に滑ることにし、最後はスカイラインを下ります。

途中くろちゃんから、「宿へ向かって下ってます。」との連絡がありました。
「狂走隊が先に戻ってるかな?」なんて言いながら、宿へ戻ります。

戻ってません。
温泉から帰って来ても、戻ってません。

ビールを飲んでると戻ってきました。
「スカイライン下って、道に迷った~!」


夕食の後は「ハッピバースデイ しげさ~ん♪」
20100313203042.jpg

そして、今夜は梅酒がたくさんあるんです。
南部(みなべ)で仕入れた「にごり梅酒・はちみつ梅酒」

やばかったこと・・・
のぶさんが、ホワイトデーのプレゼントを持ってきていました。
私は完璧に意識の中にありませんでした。
だけど、シャルマン火打スキーの2月13日の夜、Lilyちゃんからチョコレートをもらってた。
それに、Lilyちゃんは野沢スキーにも参加表明していた。
しかし、直前になって、都合がつかずLilyちゃんはキャンセル。
『もし来ていたら!』・・・
うわっ! 立つ瀬のない状況に・・・ 
想像しただけで、汗・・・



3月14日(日)【晴れ】
今日は天気が良くなるそうです。
20100314085451.jpg


皆揃ったところで記念写真撮って・・・
やっぱり、上へ上へと向かいます。
昨日の雪が枯れ木に花を咲かせています。
03140004.jpg


毛無山の頂上からの眺めを撮りました。
妙高方面です。
03140005.jpg


戸隠方面です。
03140008.jpg


志賀方面です。
03140009.jpg


今日は、写真を撮りながら滑りたいので、始めから狂走隊とは別行動にしました。

あーちゃん、みつくん、のぶさんと4人でゆったりスキーです。
0314001a.jpg


スカイラインコース始点からの妙高山です。
03140021.jpg

樹氷に囲まれて
03140023.jpg

スカイラインコースを下ります。

そして、みつくんがやりたかった、林間スキーが楽しめる湯の峰ゲレンデへ移動、遊びながら時間調整にしました。

宿へ戻って、帰り支度をしていると、
「うまいそばを食べに行く。」
というので、付いていく。
野沢温泉街のはずれにある「そばしげ」。
たしかに旨いそばでした。
でも、ゆったりした時間の中で作っているので、温泉に入る時間がなくなってしまったのです。

2010年3月 志賀春スキー
志賀スキー
3/4日 新大阪 夜行バス発
3/5~7日、(2泊3日)志賀高原へ野協春スキー

3月5日(金)【晴れ】
どこまで走っても雨の中、夜行バスは志賀を目差します。
信州中野ICを出、フルーツランドで休憩です。
朝の空気を求めてバスから出ると、上空は青空に変わっていました。

宿から、一の瀬ゲレンデに飛び出します。
やや霞んでますが、ゲレンデトップから見た妙高、黒姫、戸隠の山並みです。

03050002.jpg


焼額山はゲレンデだらけです。
03050006.jpg


苗場方面の山々
03050020.jpg


焼額第一ゴンドラとゲレンデ、平日は空いてます。
03050021.jpg


全員揃ったところで、奥志賀へ滑り込むことにしました。
03050022.jpg


奥志賀に着いたらもうお昼になってました。
03050026.jpg


ギョウザとビールで元気を付けて、再びゲレンデへ・・・
滑りながら、一の瀬へ向かいます。
03050029.jpg


天気良過ぎて暑いくらいです・・・
03050037.jpg


鳥甲山方面・・・
03050042.jpg


雲がたなびく苗場山方面、青空がきれいです。
03050044.jpg


裏岩菅山、雲の感じがいい・・・
03050045.jpg


南西方向の長野盆地は、まったく様子変わって雲海になっています。
03050047.jpg


ゲレンデの向こうに、志賀の最高峰、横手山のたおやかな稜線。
03050051.jpg


笠ヶ岳の右手奥に四阿山、根子岳も見えてます。
03050054.jpg



岩菅山・裏岩菅山の位置も随分北に移りました。
03050055.jpg


再び、一の瀬のゲレンデトップです。
眺めは変化しました。
雲海が広がり、妙高・戸隠はぼんやり浮かんで見えています。
03050057.jpg


3月6日(土)【雨】
朝から濃霧に雨です。
03060002.jpg

でも、雨の中頑張って滑りました。

いつものことですが、二日目の夜は皆元気です。
P506iC0030474260.jpg


3月7日(日)【雪】
雪です。
03070002.jpg


昨日は雨の中、がんばりましたが、今日はもうがんばりません。
皆さん、スキーにでかけましたが、竹田さんと私は、宿でビールを飲んでました。
" />
2010年2月 健ハイ荒地山
2月21日(日)【晴れ】
今日は、尼崎市民健康ハイキング。
コース:芦屋川駅→城山→荒地山→東おたふく山→奥池→芦屋川駅

阪急芦屋川駅前に集合です。
01 集合前


「あれ~!」
夏山・秋山へご一緒したTさんが芦屋川駅から降りてきました。
サプライズ、あれからもう、10年になります。

今日の参加者は34名です。(ショルダーバッグの人もいます。)
02 出発


最初のピーク城山。
神戸を眺めながら休憩を入れます。
03 城山から神戸


鷹尾山を越えると、荒地山が近付いてきました。
04 荒地山


荒地山は手を使わなければ登れません。
名物岩梯子まで来たところで、私の後ろの人が(ショルダーバッグを預かったのですが)ギブアップ。
05 岩梯子


無理だと思う人は違うルートへ回ってもらいました。
(以前の参加者は、皆登ったのですがね。)

岩の穴の手前でトンバ夫人がカメラ顔。
『早よ行きなはれ!』
06 岩穴


意外にも支えることなく抜けて行きました。
07 岩穴


岩穴の上の大岩から、大阪湾の眺めです。
08 岩穴の上にて


岩梯子前後で時間がかかり、荒地山の頂上で昼食となりました。

芦屋CCのカート道を横切り、雨ヶ峠を過ぎると笹原が現れ、
09 雨ヶ峠を過ぎて


高原状の緩やかな起伏が続きます。

10 東おたふく山へ


本日の最高点、東おたふく山の頂上です。
11 東おたふく山にて


奥池とゴロゴロ岳、これから下ります。
12 奥池とゴロゴロ岳


今日は初参加の方が多く、思わぬ時間がかかったのですが、17時過ぎ、無事芦屋川駅に帰り着きました。

スタッフに懐かしいTさんを交えて、塚口で下車。
「カンパ~イ!」無事下山の酒盛りが始まりました。