プロフィール

山歩屋

Author:山歩屋
天気の良い山が好きです。
天気が悪い日の山は楽しくありません。
一人山へ行きたくなったときは、天気予報を見ます。
そして 行ったり、行かなかったり…

間ノ岳の頂上で、寒さに耐えながら御来光を待ちました。
待ち焦がれた瞬間です。
朝日が山を染め始めました。
流れる雲には私の影が映っています。
暖かそうな虹の輪が、私の影を包んでいました。

間ノ岳にて

[記事年代順]
17年10月 常滑散策
17年10月 大杉谷
17年7月 野反湖
17年5月 釈迦ヶ岳
17年3月 宝登山
17年2月 ハクバスキー
17年1月 蔵王スキー
16年12月 高宕山
16年11月 日向山
16年9月 飯盛山
16年7月 野反湖
16年7月 霧降隠れ三滝
16年6月 黒檜山
16年5月 足利フラワーパーク
16年4月 子持山
16年2月 苗場スキー
16年2月 志賀高原
16年1月 本社ヶ丸
15年11月 大平・晃石山
15年9月 日光白根山
15年8月 蝶々誕生
15年6月 あじさい屋敷
15年6月 柴又サイクリング
15年6月 丸山(秩父)
15年4月 三ツ岩岳
15年4月高尾山花見
15年4月桜の季節
15年3月八方尾根スキー
15年2月赤倉蟹&スキー
15年2月志賀スキー
14年12月愛宕山
14年11月鍋足山
14年10月高ボッチ高原
14年10月房総の村
14年9月那須高原キャンプ
14年8月習志野花火大会
14年6月勝浦(千葉県)
14年6月 水郷ポタリング
14年5月 鳴虫山
14年5月 天城森林浴
14年4月 桃源郷
14年4月 花見川
14年3月 三毳山
14年3月 青葉の森
14年3月 志賀高原
14年2月 乗鞍高原温泉
14年2月 戸隠スキー
14年2月 袋田の滝
14年2月 苗場スキー
14年1月 美ヶ原Ⅱ
14年1月 美ヶ原Ⅰ
14年1月 竪破山
13年12月 高尾山
13年11月 大山(おおやま)
13年11月 生瀬富士と袋田滝
13年11月 青笹山
13年10月 八海山
13年10月 本栖湖キャンプ
13年9月 高川山
13年9月 西沢渓谷
13年9月 尾白川渓谷
13年8月 横尾山
13年8月 戸田花火&BBQ
13年7月 高尾山ビアマウント
13年7月 麻綿原高原
13年7月 鋸山散策
13年6月 伊豆の中心部へ
13年6月 伊豆への道中
13年5月 倉岳山・高畑山
13年5月 湯島キャンプ
13年5月 四ツ又山~鹿岳
13年5月 富士山観賞
13年4月 日光から足尾 Ⅱ
13年4月 日光から足尾 Ⅰ
13年4月 印旛沼ポタリング
13年3月 三ツ峠山
13年3月 志賀スキー
13年3月 白馬スキー
13年2月 高峰温泉雪遊びⅡ
13年2月 高峰温泉雪遊びⅠ
13年2月 野沢温泉スキー場
13年2月 宮城蔵王スキー場
13年1月 高湯温泉
13年1月 蔵王温泉スキー場
13年1月 猫魔で初滑り
12年11月 渡良瀬渓谷
12年11月 渡良瀬遊水地
12年10月 平泉
12年10月 安達太良山Ⅱ
12年10月 安達太良山Ⅰ
12年9月 乙女森キャンプ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅱ
12年8月 仙丈ヶ岳 Ⅰ
12年8月 千葉の花火大会
12年7月 裏磐梯キャンプ
12年6月 甘利山
12年6月 赤城山
12年6月 水元公園
12年5月 渡良瀬遊水地
12年5月 金環日食
12年5月 上州三峰山
12年4月 一切経山
12年4月 近隣の桜
12年4月 吉野梅郷
12年3月 榛名外輪山
12年3月 海に続く電柱
12年3月 ハクバ
12年3月 志賀高原 Ⅱ
12年3月 志賀高原 Ⅰ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅲ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅱ
12年2月 雲龍渓谷 Ⅰ
12年2月 戸隠 Ⅲ
12年2月 戸隠 Ⅱ
12年2月 戸隠 Ⅰ
12年2月 嬬恋スキー
12年1月 大山スキー
12年1月 ドイツ村Ⅱ
12年1月 ドイツ村Ⅰ
11年12月 大和葛城山
11年12月 ビール工場ツァー
11年12月 野協忘年山行
11年11月 談山神社の紅葉
11年11月 明日香の紅葉
11年11月 古城の紅葉
11年11月 堺の紅葉
11年11月 化野 念仏寺
11年11月 栂尾 高山寺
11年11月 大原 三千院
11年11月 大原 寂光院
11年11月 岳人の森Ⅱ
11年11月 岳人の森Ⅰ
11年11月 宍粟の秋
11年10月 霊山
11年10月 串柿の里
11年10月 白髪岳
11年9月 祇園北側
11年9月 物部川の滝
11年9月 四国カルストの夜明け
11年9月 四国カルストの黄昏
11年9月 八釜甌穴・姫鶴平
11年9月 中津渓谷
11年9月 仁淀川安居渓谷
11年9月 だんじり&ふとん
11年8月 東はりまキャンプ
11年8月 北山川 Ⅲ
11年8月 北山川 Ⅱ
11年8月 北山川 Ⅰ
11年8月 山陰浦富海岸
11年8月 北山川ダッキー
11年8月 古座川カヌー
11年7月 夏 徒然Ⅱ
11年7月 夏 徒然Ⅰ
11年7月 笠置山本番
11年7月 白浜ダイビング
11年6月 笠置山
11年6月 白鷺池公園花菖蒲
11年6月 山田池公園の花
11年5月 浜寺公園
11年5月 葛城山Ⅱ
11年5月 葛城山
11年5月 青山高原
11年4月 筱見キャンプⅡ
11年4月 筱見キャンプ
11年4月 吉野観桜Ⅱ
11年4月 吉野観桜Ⅰ
11年4月 須磨アルプス
11年4月 北山花見
11年3月 大阪城・鶴見緑地
11年3月 荒山公園梅林
11年3月 野沢温泉スキー
11年3月 リベンジ釈迦ヶ岳
11年2月 中山 健ハイ
11年2月 山陰から大山へ
11年2月 シャルマン火打スキー
11年1月 釈迦岳転進観音峰
11年1月 蟹&スキーIN兵庫
11年1月 裏六甲氷瀑巡り
11年1月 志賀高原スキーⅡ
11年1月 志賀高原スキー
10年12月 摩耶山ハイク
10年11月 東福寺へ
10年11月 詩仙堂へ
10年11月 実相院・曼殊院
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 勝尾寺
10年11月 紅葉 箕面滝
10年11月 川湯キャンプ
10年11月 しまなみ海道 Ⅱ
10年11月 しまなみ海道へ
10年11月 高御位山
10年10月 首里城へ
10年10月 慶良間へ
10年10月 沖縄へ
10年10月 竜王山
10年10月 有馬四十八滝
10年9月 古座川キャンプⅡ
10年9月 古座川キャンプⅠ
10年9月 モンゴル料理
10年9月 猛虎会
10年9月 沖縄料理
10年9月 吉野川ラフティング
10年8月 ホルモン焼
10年8月 原不動滝キャンプ
10年8月 白浜海水浴
10年8月 鏡平へ
10年8月 三俣蓮華・双六岳
10年8月 三俣山荘への道
10年8月 黒部五郎岳へ
10年8月 太郎兵衛平へ
10年8月 木曽駒ヶ岳Ⅱ
10年7月 木曽駒ヶ岳Ⅰ
10年7月 暑気払い
10年7月 紀伊大島ダイビング
10年7月姫路セントラルパーク
10年7月白浜ダイビング
10年7月食いしん坊台湾編
10年7月吉野川キャニオニング
10年7月小歩危ラフティング
10年7月 虚空蔵山
10年7月 野宴 納涼会
10年6月 神戸森林植物園
10年6月 布引ハイク
10年6月 蛍川キャンプ
10年6月 食いしん坊韓国編
10年6月 地蔵川の梅花藻
10年6月 緑化センターの花
大峰大日岳のアケボボツツジ
10年5月 大峰大日岳の花Ⅱ
10年5月 大峰大日岳の花
10年5月 芦屋川地獄谷
10年5月 立山夏スキーⅣ
10年5月 立山夏スキーⅢ
10年5月 立山夏スキーⅡ
10年5月 立山夏スキーⅠ
10年5月 大阪 渡船場巡り
10年5月 御嶽山スキー
10年4月 馬籠宿・妻籠宿
10年4月 明治村散策
10年4月 伏見名水巡り
10年4月 金剛山
10年4月 雲山峰
10年4月 甲山ツツジ゙と桜
10年4月 千苅ダム・大岩岳
10年4月 大阪城公園花見
10年3月 再カラアゲマウンテン
10年3月 堺ポタリング
10年3月 赤倉合流スキーⅡ
10年3月 赤倉合流スキー
10年3月 野沢温泉スキー
10年3月 志賀スキー
10年2月 六甲荒地山
10年2月 南部梅林
10年2月シャルマン火打スキーⅡ
10年2月シャルマン火打スキーⅠ
10年2月ハチ北スキー&かに
10年1月 マキノ高原ハイク
10年1月 蓬莱山ハイク
10年1月 平日スキー東鉢
10年1月 前山から明神平
10年1月 白いフアンタジィ
10年1月 雪中ハイク前山ヘ
10年1月 樹氷ハイク明神平ヘ
10年1月 続ハクバの遊び
10年1月 ハクバで雪遊び
10年1月 東京ドームシティ イルミ
09年12月 初滑り 勝山
09年12月 カラアゲマウンテン
09年12月 ODK二つの行事
09年12月 六甲と道草
09年12月 六甲忘年山行
09年12月 局ヶ岳
09年11月 長老ヶ岳
09年11月 晩秋紅葉 勧修寺
09年11月 晩秋紅葉 永観堂
09年11月 晩秋紅葉 天満宮
09年11月 晩秋紅葉 嵯峨野
09年11月 晩秋紅葉 嵐山
09年11月 ミステリーキャンプ
09年11月 笹ヶ峰へ
09年11月 笹ヶ峰への道
09年11月 グアムでダイビング
09年11月 グアムで講習
09年11月 あけぼの平への道
09年10月 モダン焼と紅葉
09年10月 余呉キャンプ
09年10月 ゴロゴロ岳
09年10月 下ノ廊下
09年10月 浄土山から黒部湖
09年10月 室堂へ
09年10月 伊吹山頂上へ
09年10月 伊吹山へ
09年09月 赤石岳へ
09年09月 悪沢岳へ
09年09月 千枚小屋へ
09年09月 鷲峰山
09年09月 観音峰・稲村ヶ岳
09年09月 古光山・赤目渓谷
09年08月 大江山キャンプ
09年08月 堺の夜景
09年08月 堺の日没
09年08月 蓮華岳を過ぎて
09年08月 蓮華岳へ
09年08月 針ノ木岳の朝
09年08月 針ノ木峠へ
09年08月 池木屋山
09年08月 堺の思いでⅤ街
09年08月 堺の思いでⅣ春
09年08月 堺の思いでⅢ冬
09年08月 堺の思いでⅡ秋
09年08月 堺の思いでⅠ夏
09年07月 尼崎レクカーニバル
09年07月 四万十川
09年07月 芦屋の海で
09年07月 公園の花
09年07月 蓮と自戒
09年07月 健ハイ中山
09年07月 蝶の温室
09年06月 宇治と納涼会
09年06月 三室戸寺
09年06月 六甲ヤマアジサイ
09年06月 赤いシチダンカ
09年06月 六甲水面の花
09年06月 布引の百選紀行
09年06月 白鷺公園花菖蒲
09年06月 賤ヶ岳ハイク
09年06月 ほたる川BBQ
09年06月 反省の孔雀岳
09年05月 阿蘇からの帰り
09年05月 荒涼たる山の彼方
09年05月 阿蘇のスケール
09年05月 由布岳の花園
09年05月 荒野の花園
09年05月 御在所岳の花
09年05月 高野山の彩り
09年05月 赤石山系
09年05月 天狗塚
09年04月 春の聖パートⅠ
09年05月 春の聖パートⅡ
09年04月 吉野の桜
09年04月 広田神社ツツジ
09年04月 北山貯水池花見
09年04月 大和路 宇陀
09年03月 栂池スキー
09年03月 霊仙山
09年03月 三峰・学能堂山
09年03月 薊岳・明神平
09年02月 府庁山
09年02月 妙高市民スキー
09年02月 ハチ・ハチ北スキー
09年01月 奥美濃スキー
09年01月 八犬伝の富山
08年11月 摩耶山の紅葉
08年11月 新雪の大普賢岳
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅰ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅱ
08年11月大山・蒜山・吹屋Ⅲ
08年10月 本白根・横手
08年10月 仙人温泉へ Ⅰ
08年10月 仙人温泉へ Ⅱ
08年10月 仙人温泉へ Ⅲ
08年10月 仙人温泉へ Ⅳ
08年10月 八淵滝・武奈ヶ岳
08年9月 平城宮と奈良
08年9月 六甲ロックガーデン
08年8月 水晶への山旅Ⅰ
08年8月 水晶への山旅Ⅱ
08年8月 水晶への山旅Ⅲ
08年8月 水晶への山旅Ⅳ
08年8月 御嶽山
08年7月  釈迦ヶ岳
08年7月 堺~鶴見緑地
08年7月 雄岡山・雌岡山
08年6月 立山サマースキー
08年5月 岩湧山
08年4月 春の黒部五郎岳
08年4月 竜門山
08年4月 山上ヶ岳
08年3月 愛宕山(京都)
08年3月 野協春スキー
08年3月 志賀スキー
08年2月 ハクバスキー
08年01月 岩戸山・十国峠 
07年11月 牛滝山紅葉狩り 
07年 11月10日 剣山 
07年11月 大崩山 
07年10月 越百山・南駒ケ岳・空木岳 
07年9月 御手洗渓谷 
07年8月 五色ヶ原・薬師岳 
07年7月 札幌出張の余得 
07年5月 犬鳴山~和泉葛城
07年4月 弥山谷・八経ヶ岳 
07年4月 三嶺と屯鶴峯 
07年1月 曾爾高原 
06年12月 金勝アルプス 
06年11月 韓国・高千穂峰 
06年10月 祖母山 
06年8月 日本最低峰二峰
06年7月 焼岳 
06年5月 春の双六岳
06年4月 九重連山 
06年1月 ハチ北スキー 
05年10月 岩殿山送別山行 
05年9月 平標山 
05年7月 常念岳・燕岳 
05年7月 姫神岩手早池峰 
05年6月 巻機山 
05年6月 雷鳥沢スキー 
05年5月 三斗小屋温泉へ 
05年5月 日留賀岳 
05年4月 春の乗鞍岳 
05年4月 鹿岳・四ツ又山 
04年11月 養老渓谷
04年10月 高原山
04年9月 四阿山・根子岳
04年4月 春の燕~木無里 
04年3月 鳴虫山 
04年3月 丹沢なごり雪 
04年1月 黒斑山
03年12月 日向山
03年9月 蔵王・月山
03年9月 編笠山
03年8月 男体山
03年6月 上州武尊山
03年6月 那須茶臼・南月山
03年5月 両神山
03年5月 春の唐松・雨飾
03年1月 高峰高原
02年12月 本社ヶ丸
02年11月 初冬の栗沢山 
02年10月 那須大白森山
02年10月 鳥海山・月山 
02年7月 五色ヶ原
02年5月 金峰山・瑞牆山 
02年5月 春の蝶ヶ岳 
02年4月 春の鳳凰三山 
01年10月 木曽駒・雨飾山 
00年4月 越百山~南駒ケ岳
99年10月 妙高山 
99年4月 春の穂高岳 
98年4月 春の内蔵助平 
95年10月 八ヶ岳

FC2カウンター

since2008/5/16

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

山を歩けば
楽しいことが好きです。   「ワイワイ遊ぶこと」=「幸せ」が私の基本です。                  膝の手術をしてから山へ行くことが少なくなって・・・ でも名前は温存しています。             「習志野山歩会」「関東アウトドアクラブ」所属。興味ある方 左下のリンクからどうぞ。
春の燕から鬼無里へ(2004年)
燕岳山頂にて

2004年4月29~5月1日 燕・鬼無里
今年もまたGWがやってきた。
「GWなんて関係ない。」なんていう人もいるが、私とっては、まだ後2回、GWは待ち遠しい楽しみの日々だ。
4月29日(木)快晴
AM3時30分目覚ましの音で飛び起きる。
顔を洗って即出発。
近くのコンビニで朝食を仕込んで、幕張インターへ。
中央道も勝沼を過ぎたあたりから南アルプスが見え始める。
青空に輝く高峰を眺めながら、パンをかじる。甲斐駒はいつ見ても素晴らしい。
塩尻ICから長野道に道を分け、まもなく松本盆地はいる。
今度は北アルプスの山並が迎えてくれる。
豊科ICから一般道を走る。常念が、燕がぐんぐん迫ってくる。
安曇野の道は心躍る道だ。
やがて中房川沿いのぐにゃぐにゃ道に入る。
登山口第一駐車場着は8時だった。
ひげを剃って、身だしなみを整えて、燕登山口ポストに登山届けを入れたのが8時30分。
第1ベンチ、第2ベンチまではほとんど雪はなかったが、第3ベンチは雪に埋もれていた。
雪の上を歩くのは疲れる。
合戦小屋に着いたときは、12時15分になっていた。
有明山を眺めながらのんびり昼食、13時に合戦小屋を後にする。
20分も登ると一気に視界が開けた。
登りの苦しみが癒される。槍が青い空に突き刺さっている。

大天井と槍

餓鬼岳の稜線の向こうに、針ノ木が大日方面から見た剣のようにカッコイイ。
燕岳と針ノ木岳
数歩歩いては、景色が良くなったような気がしてカメラを取り出す。
団体行動ではできないことだ。一人歩きの良さを満喫する。
燕山荘に着いたのは14時30分。合戦小屋からコースタイムの倍もかかってしまった。
宿の手続きを済ませ、まずはビールを購入。
700円の500ml缶をかかえて山荘前のベンチへ。
大天井・前穂・奥穂北穂・槍・笠・樅沢・双六・三俣蓮華・黒部五郎・鷲羽・祖父・水晶・野口五郎・烏帽子・浄土・立山・燕・蓮華・鹿島槍、そしてはるかに頚城山塊・浅間と360度とは行かないが、別天地でのビールの味は格別だった。
槍ヶ岳

槍ヶ岳と笠ヶ岳

その後、散歩気分で燕へ。
さっきは山荘や燕に隠れて見えなかった、常念・鳶山・五色ヶ原・竜王・浄土・立山連峰・剣・針ノ木が視界に入り、360度の大パノラマが展開する。
燕岳と針ノ木岳

雄山・針ノ木・蓮華

かっての山行を思い出し、時のたつのを忘れる。
山荘へ戻って食事。その後、焼酎のお湯割りをなめながら水晶に沈む夕日を眺める。
水晶岳に沈む夕日


4月30日薄曇り
4時30分、ご来光を期待して山荘前に出るが、東の空には雲があった。
朝食後、荷造りをし、稜線上をのんびり散策。
常念へ向かう人が多い。
7時を過ぎると、太陽が雲から顔を出し、穂高・槍から裏銀座の山々を明るくする。
またも、カメラを出したり入れたり忙しくなる。
蛙(げえろ)岩の穴をくぐった後、合戦小屋で昼食になるよう時間調整し、下山開始。
蛙岩と槍


昨日、登山届けを出した登山口のポストに着いたのは14時30分だった。
中房温泉は日帰り入浴ができないと聞いていたので、有明荘で温泉に入ろうと思って歩いていると、宿の子と思われる中学生くらいの男の子が、「下山入浴はOKだから入って行けばいいのに。」と教えてくれた。
急遽方針変更、料金700円、入浴客は誰もいない。
とうとうとあふれる透明な湯に、細かい湯の花が混ざっている。
人がいないのを幸いに、缶ビールを持ち込む。
新緑に囲まれた露天風呂を独り占めし、あおるビールの旨いこと、気分は実に豪華であった。
さっぱりして、また中房川沿いのぐにゃぐにゃ道を行く。
途中、大町のスーパーで冷えたビールと惣菜を買い込んだ。
鹿島槍の登山口の駐車場に車を止め、寝る準備をする。
大冷沢の向こうに見える稜線は『鹿島槍から冷池への下り部分と、山は布引山かな?』
明日の好天を祈りつつ、暮ゆく稜線を眺める。
5月1日(土)晴れ
5時起床、朝日に輝き出した冠雪の稜線を眺めつつ朝食。
鹿島槍登山口から布引山


サンアルピナ鹿島槍スキー場を抜けて、JRやなば駅前をとおり、青木湖畔の道へ入る。
樹間に朝の青木湖を見ながらのんびりさわやかに走る。
湖畔道路を過ぎ、白馬村を目指す。
少し下ると左前方に後立山の山々が見え始める。
朝日を浴びて白銀色に輝いている。
はくば駅を過ぎてすぐに右折し、国道406号線を鬼無里へ向かう。
ヘアピンカーブを登るにつれ、右に左に後立山連峰の大きな景色が見え始めた。
峠のトンネル手前に絶好の見晴台がある。車を止めて写真を撮っていると、中年夫婦から「シャッターを押してほしい。」と頼まれる。
ご亭主から山の名前を聞かれ、鹿島槍・五竜・唐松・不帰ノキレットと得意になって説明。
鹿島槍・五竜・唐松・白馬鑓

トンネルを抜けると道は下りとなる。やがて奥裾花自然園への道標があり左折する。
のどかな山間の田園風景の中をしばらく行く。
奥裾花ダムを過ぎて、川幅が狭くなってくると右手に褐色の大絶壁が現れる。
大絶壁下の川沿いから山道に入ると、意外にも、高妻山・乙妻山が姿を現した。
戸隠から見る高妻山はピラミッド状をしているが、鬼無里からは左肩が下がった台形状に見える。ほどなく駐車場に到着した。
デイバックを背負い靴の紐を締めていると、「今日は。」と挨拶をする人がいる。
後立山の大パノラマをバックに写真を撮った夫婦だった。
8時、3人連れで奥裾花自然園散策に出かける。
見ごろの山桜と残雪、
堂津岳

峨々たる戸隠西岳連峰の山並みを眺めながら水芭蕉のある湿性池に着く。
湿性池はかなり雪が残っており、雪解けの流れの中に所々水芭蕉が咲いていた。
今池湿原の弁天島のベンチで休憩。
今池湿原

「まだまだ歩きますから、一杯いかがです。」とデイバックから冷えた発泡酒を取り出す。
先ほど「テニスをやっているのですが、その後のビールが目的ですよ。」と言っていただけに、にこやかに手を伸ばしてきた。
さらに奥の「こうみ平湿原」はほとんど雪原状態であった。
駐車場で名古屋の夫婦と、「またどこかでお会いすることがあるといいですね。」を挨拶に別れた。
昼食は戸隠そばに決め、出発。
鬼無里の街を過ぎると、うねうねの山道に入った。
小1時間ほど走ると、「大望峠展望台」の標識が目に入る。
何が見えるのか、想像も付かないままに展望台上がってみる。
小さな駐車場に入ると、眼前に西岳連峰の岩の壁が立ちはだかり、左に後立山の雪の山並みが広がっている。
雄大な眺めだが、残念ながら汗ばむ陽気の昼下がりのため、遠くに広がる後立山の山並みは水蒸気で白くぼやけていた。
思いがけないビューポイントに出会った。『今度は透明度の高い朝に来たいものだ。』と思いつつ戸隠そばに向かう。
そばが美味かったのはもちろん、帰り時間が早かったおかげで渋滞もなく、気分上々で帰宅。旅は晴れに限る。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
ども(^^♪
はじめまして。新着案内を見て 来ました。
スケールの大きななサイトですね(^^♪
僕のところも始めたばかりですが、
お互いに頑張りましょう。
【2005/10/02 16:55】 URL | HEROSUNG #Ea908A0g [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sanpoya.blog27.fc2.com/tb.php/3-d9c979bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)